スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補足的構想案

  • 2010/05/04 23:32
  • Category: 雑記
モチベーションUPと枝分かれ妄想の書き置きを・・・((φ(・д・。)

―――
ある老いた人形師が作った人間そっくりの自動琴。
5体の人形はそれぞれ別な持ち主のもとへと渡って行った。
残された1体は人形師の傍で眠り続けている。

老いた人形師の生涯が終わるとき。
彼は人形に『託け』をする。

「もし目覚めたら、五つの物語を集めておいで」

そして長い長い時がたち
朽ちかけたアトリエのなかで最後の人形が目をあける。
遠い記憶の『託け』を動力に、桜色の自動琴は長い長い旅に出る。

夕焼け色の人形
青空色の人形
森色の人形
太陽色の人形
月色の人形

5つの自動琴が紡いだ『人生(歌)』はどんなもの?
――

小説書く能力か、漫画描く能力があったらお話にしてみたい構想(妄想)です・・・_ノ乙(、ン、)_
それこそ音楽が作れたら、物語調の曲なんかにもしてみたかったです・・・_ノ乙(、ン、)_

全員の一枚絵は、やるべきことがすべて終わったら描こうと思います。
訳のわからない衣装とか!飾りとか!楽しそうです(´∀`*)
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://penga.blog11.fc2.com/tb.php/119-6d49ac55

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

うめ吉

Author:うめ吉
●定規とペンのキャップがよく行方不明になります。

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。